タービン用エンクロージャーの納入事例

某社発電設備のタービンの騒音対策として、防音エンクロージャー(防音カバー)の設計から製作・納入までを行いました。

防音エンクロージャーの外観

防音エンクロージャーの外観

タービンは発熱が大きいため、換気扇で強制換気を行います。換気扇はエンクロージャー外部の制御盤で制御します。またこの他に、側面には作業員用の防音扉、配管貫通口、ガラリ付き換気口などが設置してあります。

  • 対象機器:タービン
  • 寸法:幅8.5m×奥行き17m×高さ6m
  • 目標騒音レベル:機側1m点にて90dB以下

防音エンクロージャーの工場仮組み

防音エンクロージャーの工場仮組み

製作工場での仮組みの様子です。鉄骨の軸組で全体構造を支え、その軸組に壁パネル、屋根パネルの各パネルを取付ける構造です。

防音エンクロージャーの内面

防音エンクロージャーの内面

格納するタービンが大型で、メンテナンス時はクレーン作業となるため、天井パネルが脱着可能な構造となっています。鉄骨軸組で全体構造を支えている為に、部分的なパネルの脱着が可能となりました。

防音エンクロージャーのパネルと骨材

防音エンクロージャーのパネルと骨材

パネルと骨材は、大型トラックで運搬が可能な寸法としました。

防音エンクロージャーの設置状況

防音エンクロージャーの設置状況

タービンが設置された架台に対し、外側からパネルの組み立てを行い、設置が完了しました。