ターボファン吐出消音器の納入事例

千葉県内の化学工場において、既設ターボファン吐出口の騒音対策として消音器を納入しました。

1. 対策前
1. 対策前” border=”0

ターボファン吐出口に直結された煙突からの騒音が、同じ敷地内の事務所の窓ガラスを振動させ問題となっておりました。

  • 騒音測定値:機側1m地上1.2m点 MAX97dB(A)
2. 対策後(消音器の設置)
2. 対策後(消音器の設置)” border=”0

騒音測定の結果、吐出口からの中低音域(250Hz付近)を中心とした騒音レベルが高いことが分かりました。対策として、この騒音の特徴に合わせた消音器を設計・製作し、ファン吐出口直後に設置しました。

  • 騒音測定値:機側1m地上1.2m点 MAX72dB(A)
3.ターボファン吐出消音器
3.ターボファン吐出消音器” border=”0
  • 型番:LDS-800D
  • 減音量:25dB(A)
  • 圧力損失:200Pa
  • 対象機器:ターボファン
  • 流量:750m3/min
  • ファン吐出圧力:800Pa
4.ターボファン吐出消音器の構造
4.ターボファン吐出消音器の構造” border=”0

本消音器は、スプリッタと呼ばれる吸音材の板構造を用いたタイプです。中低音域に合わせたスプリッタを用いて、必要減音量に応じた寸法としました。