LNG配管用消音器の納入事例

某社工場内にあるLNG配管の透過騒音対策用として、LNG配管用消音器(サイレンサー)を納入しました。尚、本消音器はガス事業法の適用外でした。

LNG配管用消音器の全体写真
  • 型式:HC-2001S
  • 流体:LNG
  • 流量:2900m3/h
  • 減音量:20dB(A)
  • 数量:1基

LNG配管用消音器の耐圧試験

LNG配管用消音器の耐圧試験

LNG配管には流量調整弁や減圧弁などが設置されますが、特に弁の下流側配管は騒音が大きくなります。本消音器はその配管透過騒音の対策用です。LNG配管は一定の圧力を持った流体が流れているため、本消音器は耐圧・気密試験を実施しました。今回は試験圧力が0.3MPaでした。

LNG配管用消音器の気密試験(周溶接部)

LNG配管用消音器の気密試験(周溶接部)

気密試験は、先ず周溶接部である(1)フランジとノズル、(2)ノズルと鏡板、(3)鏡板と本体胴板、に対して発泡液を掛け、漏れの無いことを確認しました。

LNG配管用消音器の気密試験(長手溶接部)

また、本消音器は本体胴板がSS400の鋼板(t4.5)であるため、本体胴板の長手溶接部についても同様に確認を行いました。