CO2パージ用消音器の納入事例

中部地区 某炭酸ガス製造メーカーにおけるCO2放出時の騒音対策用として、CO2パージ用消音器を納入しました。

CO2パージ用消音器の全体写真
CO2パージ用消音器の全体写真
  • 型式:BC-600S
  • 流体:CO2(炭酸ガス)
  • 温度:-57℃
  • 流量:12.5Nm3/cycle
  • 減音量:1000Hz 25dB
  • 数量:1基
CO2パージ用消音器の入口ノズル側
CO2パージ用消音器の入口ノズル側

本消音器は本体一段目は丸型で、100Aの入口ノズルと20Aノズルがあり、上部は角丸で形状が角型に変わります。二、三段目は吸音部で角型です。吸音部は内部点検のために左右2分割に分解できる構造となっています。更に吸音部の上に角ダクトが2段乗り、エルボと吹出口が取り付きます。

CO2パージ用消音器の架台
CO2パージ用消音器の架台

入口部は架台に乗せます。架台を含めた組立高さは7150mmと高くなりますが、これは吹出し口が納入先の現地工場の屋根を貫通して流体を屋外に放出させるためです。

CO2パージ用消音器のダクト
CO2パージ用消音器のダクト

本消音器はCO2(炭酸ガス)をタンクなどから大気に放出する際の騒音低減に用いられます。このとき、流体温度はマイナス57℃前後と低くなるため、消音器とダクトの材質は全てSUS304となっています。ちなみに、上の水色の架台はSS400製とし、全体のコストを抑えました。

CO2パージ用消音器のフード先端部
CO2パージ用消音器のフード先端部

お客様のご要望により、上部の排気ダクトの接続フランジは溶接をせず、現地溶接のルーズフランジとしました。これは、既設工場の屋根の貫通口を極力小さくするためです。また、フード先端部は屋外となるため、防鳥・防虫金網として線径φ2.0、40メッシュのSUS金網を取り付けました。